登録過程

2009.12.03

世界記録文化遺産登録推進委員会を構成(10名) - 市教育監及び大学総長 5、5月団体長及び管理者 5
(委員長:キム・ヨンジン国会議員)
常任顧問:市長、チョ・ビオ(神父)、カン・シンソク(牧師)、チソン(僧侶)

2009.12 ~ 2010.02

5月関連の記録物の整備及び分類

2010.02

ユネスコ登録対象の資料の把握及びリストの作成

2010.03.29

5月記録物のユネスコ登録申込書を提出(登録推進委員会)

2010.04

統合資料室の構築工事

2010.05 ~ 06

資料室の本棚を購入ㆍ設置及び資料を移管

세계기록유산등재신청서,국가기록원,국회도서관,육군본부,주한미대사관

2010.08 ~

5ㆍ18記念財団、5ㆍ18研究所の登録対象資料を移管

- 5ㆍ18記念財団 42,637点、全南大5ㆍ18研究所 20,500点
- 移管資料の整理及び分類、合綴、資料分類コードの作成 及び付着

2010.08 ~ 2011.05

ユネスコ登録対象の資料の体系的な分類ㆍ入力

- 資料カードの作成、資料内容の資料検索システムを入力

세계기록유산인증서

2010.09 ~ 2011.05

国際諮問委員会の実査に備える

- 資料室の運営体系を整備及び環境を造成
- 資料の状態の点検及び保存処理

2011.02

登録審査委員会(RSC/Register Sub-Committee)の審議

2011.03.08 ~ 16

インドネシアのジャカルタでユネスコ各国委員会の関係者会議

2011.05.25

ユネスコ世界記録遺産の国際諮問委員会 (IAX / International Advisory Committee)の審議